人気のオーガニック化粧品ブランドを比較ランキング

HOME » オーガニック化粧品選びで失敗しないために » 知っておきたいオーガニック認定

知っておきたいオーガニック認定

ここでは、オーガニックコスメを選ぶ際に重要なオーガニック認証、認定について解説します。

オーガニック認定を受けているかどうかが重要

オーガニック認定とは、簡単にいうと、有機栽培で作られた植物を使った製品であるという第三者の証明です。各国にいくつかの団体があり、それぞれ認定基準が違います。

また、海外では、各国に「オーガニック認証機関」があり、国や民間団体が認定機関を運営しています。

主な国の代表的なオーガニック認証機関

では以下に、代表的な認証機関についてご紹介します。

<USDA>
アメリカのオーガニック認証機関。日本で言えば農林水産省にあたる国の機関です。「水分と塩分を除き、重量ベースで95%以上がオーガニック原料で構成されている事」「3年以上、農薬・化学肥料を使用していない土地で作られたオーガニック原料である事」等の厳しい基準が制定されています。
認定ブランドとして、ウェリナがあります。

<BDIH>
ドイツの自然化粧品の認定ガイドライン。「可能な限り有機栽培または野生の植物から抽出した原料を使用する」「生態系の影響を与えない」等の基準が制定されています。
認定ブランドとして、ロゴナ、Dr.ハウシュカがあります。

<エココントロール>
ドイツのナチュラルコスメティックのガイドライン。ホルムアルテデヒド禁止、動物実験は行わない等、厳しい基準が制定されています。
認定ブランドとして、アンネマリーボーリンドがあります。 

<ECOCERT(エコサート)>
フランスの国際有機認定機関。オーガニック認証団体の世界基準とも言われる団体です。「95%が自然原料である」「5%はオーガニックでなければならない」「植物原料の50%はオーガニックでなければならない」等の厳しい基準が制定されています。
認定ブランドとして、ロクシタンがあります。

<soil association>
英国土壌協会のオーガニック基準。「遺伝子組み換え作物の規制」「水栽培、鉢植え等の禁止」等の基準が制定されています。
認定ブランドとして、オーガニックボタニクスがあります。

 
口コミから厳選!オーガニック化粧品ランキング