人気のオーガニック化粧品ブランドを比較ランキング

HOME » オーガニック化粧品選びで失敗しないために » この化学成分には要注意

この化学成分には要注意

ここでは、コスメに含まれる成分の安全性について解説します。

オーガニック化粧品でも安全ではない?

前のページでもご紹介したように、現在、オーガニックコスメについての明確な定義はなく、メーカーにゆだねられています。

ですから、オーガニックコスメとうたっている化粧品であっても、化学成分を配合している場合もあるわけです。

肌に安心と思ってオーガニック化粧品を選んだはずなのに、配合されている化学成分で肌荒れに…。そんな事にならないためにも、化粧品に含まれている成分について覚えておきましょう。

コスメにこんな表記があったら気をつけましょう

以下に、肌に悪い刺激を与える可能性のある化学成分について紹介します。

<合成防腐剤>
ほとんどのコスメに使われています。パラペン、フェノキシエタノール、EDTA(エデト酸)、パラオキシ安息香酸Na等の表記がされています。
ホルモンバランスを崩す環境ホルモンの疑いがあります。

<合成界面活性剤>
洗顔料やクリーム等によく使われる成分で、水と油の仲を取り持つ働きをします。洗浄・起泡・乳化・保湿などの作用があります。
ステアリン酸~、ラウリル~、PEG~等の表記がされています。
石油系の合成界面活性剤は、肌に残留しやすく、肌のバリアを壊して薄くさせ、肌荒れや乾燥を引き起こします。

<鉱物油、合成の油>
多くのコスメに使われています。ミネラルオイル、パラフィン、ベンジンアルコール等の表記がされています。
石油から作られた油は、皮膚呼吸を止める働きがあり、肌のくすみ、トラブルを引き起こす原因になります。

<合成色素>
メイクアップ用のコスメによく使われています。例えば「赤色~号」「青色~号」「黄色~号」の表記がされているのは合成のタール色素です。
タール色素の中には、発ガン性や奇形を引き起こす疑いのものがあります。特に唇に使用する場合は注意したほうが良いでしょう。

原料や成分、口コミで選んだオーガニック化粧品ランキングはこちら

 
口コミから厳選!オーガニック化粧品ランキング