人気のオーガニック化粧品ブランドを比較ランキング

HOME » オーガニック化粧品選びで失敗しないために » オーガニックの定義とは

オーガニックの定義とは

ここでは、オーガニックの意味や、ナチュラルコスメとの違いについてご紹介します。

「オーガニックだから安全」は本当?

最近、安全で効果の高いオーガニックコスメが人気です。オーガニックコスメの最大の魅力は、安心・安全ということだけではなく、原料となる植物が、肌が本来持っている自然治癒力を引き出してくれることにもあります。

とはいえ「オーガニックとは何か」という定義について、はっきり答えられる人は少ないのではないでしょうか。

実は、日本では、オーガニック化粧品と法的に認定されるものがありません。オーガニック化粧品の定義は各化粧品メーカーに任されています

つまり、どんな成分が配合されていようとも、化粧品メーカーが「オーガニック化粧品」と言えば、オーガニック化粧品ということになるのです。 

オーガニック認定済みかどうかが重要

前述したとおり、現在、いろいろな化粧品メーカーがオーガニックという言葉を使っており、そこに明確な定義や基準は存在しないのが現状です。ですから「コスメ業界では、大体このような意味で使っている」と考えてください。

オーガニックコスメとは

一般的には、農薬や化学肥料を使わず、遺伝子操作をしない有機栽培によって作られた植物を使って、製品化した化粧品をオーガニック化粧品と呼んでいます。

本当に「有機栽培」によって作られた植物なのかどうかを証明するためには、第三者機関の認定を受けなければなりません。

つまり、私達がオーガニック化粧品に期待するイメージ、つまり「有機栽培で作られた肌に良いコスメ」という観点で探すなら、「オーガニック認定」済みの商品を探す必要があります。

このオーガニック認定基準は各国それぞれに設けられていて、独自の基準値があります。日本の有機認定基準は、 「過去2年間、農薬も化学肥料も使用していない土壌で栽培されたこと」」「 化学合成農薬や化学肥料は無使用であること」「遺伝子組み換え原料は使用していないこと」などです。

これらの認定をきちんと受けている化粧品なら、厳しい規定や基準をクリアしている安全なオーガニック化粧品と言えるでしょう。

ナチュラルコスメとの違いは?

化粧品の中には、ナチュラルコスメと名乗っているものもあります。オーガニックとどう違うのでしょう?

ナチュラルという言葉は、オーガニックよりもさらに曖昧です。

現在「自然の物質から由来された成分」をナチュラルと呼んでいる事が多いようです。植物由来だとは言っても、製造の過程で合成薬品が使われている事もあり、そんな商品でも「植物由来」の「ナチュラル」なコスメとして宣伝されているようです。

コスメに自然本来の力を求めるなら、やはりオーガニック認定コスメを選ぶ事がおすすめです。

※オーガニック認定の厳しい基準を満たしているコスメはこちらです

 
口コミから厳選!オーガニック化粧品ランキング